むくみサプリ 商品のご紹介

Arrow
Arrow
Slider

商 品 カリウム配合 1日目安量 価格 定期価格 定期特典
するるおめぐ実
するるおめぐ実
コーンシルク 2粒 3,240円 980円
(初回)
2つ
(本+マッサージシート)
きゅきゅっと小町
きゅきゅっと小町
配合有 5粒 4,980円 980円 1つ(本)
SuRaRi(スラリ)
SuRaRi(スラリ)
なし 3粒 6,800円 4,980円 なし
ファンケル メリロートキュットレスト
ファンケル メリロートキュットレスト
なし 8粒 2,052円 1,846円
(初回)
なし
むくらっく
むくらっく
コーンシルク 2~4粒 3,580円 980円
(初回)
なし

するるのおめぐ実 株式会社ファンファレ
するるおめぐ実
するるのおめぐ実は、株式会社ファンファレが販売しているむくみサプリメントで、20万袋突破、約89%のリピート率を誇っています。
一日中立ちっぱなし座りっぱなしで、夕方には足がパンパン、ブーツがキツイ!といった経験を、特に女性の方はお持ちの方も多いのではないでしょうか?
そんな日常的な悩みとも言える「むくみ」を、手軽にサプリメントで解消してくれるのが、この「するるのおめぐ実」なんです。

価格 定期価格 内容量 一日目安量
3,240円 980円(初回) 62粒 2粒
きゅきゅっと小町
きゅきゅっと小町は、株式会社イッティが販売しているサプリメントで、2015年にはなんと、モンドセレクション金賞を受賞したこともある実力のあるサプリメントです。
リピート率もなんと、92%と高い継続率を誇っています。
価格 4,980円
定期価格 980円(初回)
内容量 150粒
一日目安量 5粒
SuRaRi(スラリ)
毎日のデスクワーク中心の仕事や立ち仕事、加えて運動不足など・・・さまざまな原因で、顔や足がパンパンにむくんでしまうという悩みを抱える女性は少なくありません。皆さんはいかがでしょうか?
価格 6,800円
定期価格 4,980円
内容量 90粒
一日目安量 3粒

詳しいランキングはコチラ 〉

するるおめぐ実
top_pickup_btn01
するるのおめぐ実は、株式会社ファンファレが販売しているむくみサプリメントで、20万袋突破、約89%のリピート率を誇っています。
一日中立ちっぱなし座りっぱなしで、夕方には足がパンパン、ブーツがキツイ!といった経験を、特に女性の方はお持ちの方も多いのではないでしょうか?
そんな日常的な悩みとも言える「むくみ」を、手軽にサプリメントで解消してくれるのが、この「するるのおめぐ実」なんです。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

むくみの原因を知ること

top_3point_01

むくみサプリが気になるということは、何らかの原因によって、むくみに悩まされているということになりますが、むくみの原因にはいろいろあります。
もし、日常生活を改善するだけでむくみが改善するなら、サプリメントは必要ありませんね。
自分で改善できるのか?できないのか?を見極めて、さらに各サプリメントの効能を知ることで、自分に合ったサプリメントを見つけることができます。

むくみの主な原因とは下記のようなものです。

1. 血行やリンパの流れが悪い
心臓を出た血液が全身に運んでくれた水分や栄養分のうち、不要となった水分は静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環するのですが、静脈やリンパ管がスムーズに流れないと、本来戻って来るべき水分が溜まってしまうため、むくみが起きるのです。
ですから、この溜まってしまった水分を排出するために、血流やリンパの流れを良くすることがとても大切です。

2. 栄養バランスが悪い
むくみを解消するために必要な栄養分として、ビタミンB群やミネラルがあげられます。
特に、ビタミンB群は水分の代謝を良くしてくれるので、むくみ対策に欠かせません。
また、ビタミンCと共に摂取することで、相乗効果が上がります。

3. 体が冷えている
体が冷えると、血流が悪くなります。
そのため、皮膚の下に水分が溜まり、むくみとなるのです。
朝起きたら白湯を飲んだり、シャワーだけで済まさずに湯船に浸かったり毎日の生活で冷えの原因をシャットアウトすることが必要ですね。

4. 運動不足
運動不足だと、足の筋肉が弱まり、血液を循環させるポンプの役割が果たせなくなります
むくみと血液の循環には強い関連があるため、血液を心臓に送り返すポンプ機能が低下することによって、水分が溜まってしまうわけですね。

5. 立ちっぱなし座りっぱなしの生活
長時間立ちっぱなしだと、血液が下半身に溜まってしまいます。
そうなると、静脈は圧が高くなるため、戻って来るべき水分を受け入れられずに、むくみの原因となります。
座りっぱなしの場合も、ふくらはぎの筋肉を使わなくなるため、下半身に血流が滞ってしまい、むくみの原因となります。

自分で改善できること、改善できないことは把握できましたか?

長期的に続けていけそうか?

もし、自分ひとりではむくまない生活は出来そうもない、という方は、サプリメントを取り入れることを考えなければなりません。
サプリメントは薬ではありませんので、基本的に即効性があるものは少ないです。
ですから、長期的視野で続けていけそうなサプリメントを見極めることが必要です。

1. 成分
むくみを改善してくれるサプリメントと言っても、さまざまな会社が販売し、種類も豊富で、入っている成分もそれぞれ異なります。
まずは、それらの成分と効能の違いを知り、自分が求めている効果がありそうか?を見ることです。

2. 価格
長期で毎日続けることを考えると、価格は非常に重要ですね。
安いものに惹かれてしまいがちですが、その内容と比較して、コスパの良いものを選ぶと良いでしょう。

3. 飲む量とタイミング
1日の定量が1錠だったり10錠だったり、商品によってさまざまです。
また、食前?食後?はたまたいつでも良いのか?飲むタイミングも考えなければなりません。
お仕事をされている方にしてみれば、いつでも飲める状態とは言えませんから、重要なポイントですね。

top_3point_02

体質に合っているか?

サプリメントは、少なくとも1ヶ月から3ヶ月程度は続けてみないと、効果がわかりにくいことも多いです。
毎日のことですから、自分の体に合っているかどうかが何より大切です。
薬ではないから大丈夫と思っていると、思わぬ成分がアレルギーを発したりすることもあるかもしれませんので、購入前には、まず成分をチェックしましょうね。

むくみとは?

むくみとは、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。
あなたも1度はむくみを経験したことがあるのではないでしょうか?
夕方に靴やブーツを履くと窮屈に感じること、朝起きがけで鏡を見たときに顔が大きく感じることなど、それの原因がむくみです。一旦むくんでしまうと、細胞への養分の取り入れや、老廃物の排出も上手くいかなくなるので、更にむくみが悪化しやすくなり、慢性化しやすいので気をつける必要があります。
私は循環器センターで働いていた時に、むくみに悩む患者さんと接する機会が多くありました。その経験から今回はむくみの原因や予防・解消法についてまとめてみました。

むくみの原因

まずむくみの原因について書いていきます。

水分のとりすぎ

体が必要とする以上の水分を摂取してしまい、排出が追いつかなくなるとむくみが現れる場合があります。

塩分のとりすぎ

体内の塩分濃度が高くなると、塩分の濃度を一定に保とうとして、水分を取って塩分を薄めようとします。誰もが経験したことがあるであろう、塩分の濃い物を食べると喉が渇くという現象がまさにその生理現象といえます。また、塩分は一度、体に入ると排出されるまでにある程度の時間がかかります。その間は必然的に体の中の水分も増えてしまうためむくみの原因となります。

血行不良

血液はほとんどが水分で成り立っています。そのため血行不良となり血液がうまく回らないと、水分が上手に使われず体の中に蓄積してしまいむくみの原因になってしまいます。

新陳代謝の低下

新陳代謝がうまく働かないと古い物が排出されず、水分の排出もうまくできなくなってしまいます。また、代謝が悪いと体内での水分の循環も悪くなりむくみにつながります。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンはむくみの影響が大きいと言われており、特に生理前の高温期は妊娠に備えて、栄養や水分を体の中にため込むよう働きます。これがむくみの原因となってしまいます。

ビタミン・ミネラル不足

様々あるビタミン・ミネラルの中でも、カリウムは塩分を体外に排出する働きがあります。そのためカリウムが不足してしまうと、塩分が体の中に蓄積してしまいむくみの原因となります。

長時間の同一体位

長時間同じ姿勢でいると、体の特定の部分に水分が溜まってしまいがちになります。多い例としては立ちっぱなしでいると、重力によって水が足に溜まってしまい、むくみの原因となります。

病気の影響

むくみは日常生活のちょっとしたことが引き金となり、起こることもありますが、病気が原因という場合もあります。原因となる病気は様々ですが、うっ血性心不全や腎不全・肝不全、リンパ肝炎など様々です。
以上、むくみの原因を8つ紹介しましたが、次に予防・解決方法について書いていこうと思います。

むくみの予防法

マッサージ

むくみを感じる場所をマッサージすることで、むくみを解消したり予防したりすることも出来ます。マッサージをすることで、凝り固まった筋肉をほぐされ血流が良くなると、溜まっていた余分な水分が体の方に戻っていき排出されるからです。足であればふくらはぎの辺りを中心に、顔であれば目の周りを中心にマッサージすることで解消されます。

血流の改善

お風呂などで体を温めることによって、血行を良くすることが出来ます。そのためには38℃くらいのぬるめのお湯に、時間をかけてゆっくりとつかることがポイントです。半身浴も効果的ですが、上半身が冷えないように気をつけながら行ってください。いくら下半身が温められても、上半身が温まらなければ血流の改善にはならないからです。

利尿作用のあるものをとる

コーヒーや紅茶には利尿作用があるとされているので、どちらか好きな方を日常的に意識して摂取してみると利尿が促され、自然とむくみが改善する場合があります。

運動

運動をすることによって、足に備わっているポンプ機能が働くようになり、むくみの解消になると言われています。また、運動は全身の血液を上手に循環させられるようになる働きもあります。時間がない方でも、ストレッチで代用したり、同じ姿勢でいる場合には1時間に1回程度、歩いたり足首を動かすだけでも効果はあります。できるところから実践することが大切です。

足枕

横になるときに、足の下に枕をするのも効果的だと言われています。こうすることで、足に溜まった水分が重力に従って自然に体の方に流れ排出されるからです。寝ている時に行うのもいいですが、夜間に尿意で起きてしまう場合もありますので、寝る前に足枕をして、トイレに行ってから休むのもいいかもしれません。

食事の改善

特に塩分を体外に排出する効果があるカリウムや、新陳代謝を活発にし、血行をよくする働きがあるクエン酸、血液の循環を良くして代謝を上げる働きがあるといわるビタミンEなどが主にむくみに効果があるとされています。カリウムを多く含む食材としては、バナナやアボカド、ほうれん草などが挙げられます。クエン酸は、レモンやお酢、キウイなどの酸っぱい食材に多く含まれています。ビタミンEはカボチャやモロヘイヤ、プルーンなどの食材に多く含まれています。以上のような食材を心がけて摂取することで、むくみの解消につながる場合もあります。
しかし食生活の改善や定期的な運動など、日常生活を変化させることは容易なことではありません。また慢性的にむくみに悩んでいる方の場合には、生活習慣の改善ですぐに効果が出ない場合もあります。そんな時にはサプリメントを飲むという方法もあります。

ページトップ△